スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

近視レーザー手術の方法

レーシック手術PRK手術という方法が、近視レーザー手術では用いられています。


では角膜の表面にフラップというフタを作ります。

これにはマイクロケラトームという名の精密な装置を用います。
フラップを開けてから、エマキシレーザーという装置で角膜を削ります。
角膜で光の曲がる角度を調整し、その後フラップを戻して元の状態にします。

入院の必要がないことがレーシック手術の特徴で、痛みを抑えるために点眼麻酔を使用します。
次の日から視力が回復しますので仕事や学校に復帰できます。

の方法であるレーシックでは両目同時に手術することも可能で、
手術時間は片目が10分程度と短いものです。
手術中の痛みもほとんどなく、出血もないことがレーシック手術の特徴といえます。
術後はフラップが完全に固定しておらず、術後は目がしみる感じがして
その後はごろごろする感じが続くかもしれません。

近視レーザー手術の方法であるは、フラップを作成せずに
エキシマレーザーを角膜表面に照射する手術方法です。
視力が安定するまでの所用期間は1週間程度ですが、PRK手術の場合、
手術中に合併症を起こすことが比較的少ない点が特徴的です。

レーシック手術やPRK手術によって、視力は1.0前後にまで回復します。
とはいえ、回復量は元々の近視や乱視の度合いで左右されることが多いようです。

手術を受けるかどうか決める時は、手術を担当する医師とよく相談して
手術を受けるべきか否かを考えましょう。
スポンサーサイト

テーマ:視力回復 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/04/23 20:02】 | 視力回復 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

近視レーザー手術の方法

近視レーザー手術にはレーシック手術PRK手術という方法があります。

マイクロケラトームと呼ばれる精密な装置で
角膜のフラップ(ふた)を作るのが、です。

それから角膜をエキシマレーザーというレーザーで正確に削ります。
フラップを裏返すと角膜が露出するのでその後削ることになり、
再びフラップを元に戻して終了となります。

近視レーザー手術のレーシックの場合、麻酔は点眼麻酔のみで、
入院の必要もなく手術終了後にすぐに帰宅できます。
そのうえ視力は次の日から回復しますので、すぐ仕事や学校に復帰できるでしょう。

そして両目同時に手術することも可能なのがレーシックで、
手術に要する時間は片目が10分程度と短いのも良いところです。

ほとんどレーシックによる近視手術の痛みは感じることはありませんし、出血ももちろんありません。
術後少ししみるような感じになるようですが、レーシック手術の翌日には、
目が多少ごろごろする程度になります。


もうひとつの視力回復手術の方法がです。

フラップを作成せずに、エキシマレーザーを角膜表面に照射する方法です。
PRK手術は、近視手術中の合併症が比較的少ないのが特徴ですが、
PRK手術後の視力が安定するまでには1週間程度かかります。

PRK手術は、近視や乱視の度合いによりその視力回復には個人差がありますが、
90%の人がメガネをかけずに1.0前後の視力を期待することができます。

を受けるかどうかは、まず医師とよく相談してから決めることをおすすめします。

テーマ:視力回復 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/04/15 19:58】 | 視力回復 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。