スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

ブラッシングによる育毛の方法

育毛の方法としてのブラッシングは、頭皮の血行を促進させるので、を効果的にすすめるには良い方法だということを耳にすることがあります。


血行促進をするためにをして、育毛をするという方法は実は間違っています。

ブラッシングの目的というのは、本来長い髪を束ねたり、シャンプーの前に適度なブラッシングで頭髪の中のゴミなどを浮かび上がらせたりすることなのです。


育毛をするためにブラッシングをするというのは、決して血行促進ということが目的ではないのです。

柔らかい頭皮を刺激するような、ブラッシングを育毛を目的とした良い方法だからと続けてしまうとどうなるのでしょうか。

場合によっては、皮下の柔らかい皮下組織が痛むことがあり、ひどい場合は完全に毛髪組織が破壊されてしまうことがあるのです。

過度のブラッシングは育毛の方法どころか、毛髪を逆に傷めるためにしていることになるのです。


皮脂が育毛の妨げになるという認識がありますが、これは育毛方法としては間違った考え方です。

この誤った考えに基づいて頭皮の皮脂を過剰に取り除いている人がいます。

過剰に皮脂を除去すると、頭皮がボロボロになってしまいます。

育毛のための方法としては、毎日一回、普通のシャンプーをすることが大切です。

皮脂に過敏になりすぎないこと、清潔な頭皮を保つことも育毛促進のポイントです。
スポンサーサイト

テーマ:コスメ・スキンケア・ヘアケアのよくある質問(FAQ) - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/04/06 19:31】 | 育毛 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。