スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

近視レーザー手術のメリットとデメリット

近視レーザー手術を受ける前に知っておきたいのが、そのメリットデメリットです。


手術を受けることの利点は、なんといっても裸眼で生活ができることでしょう。
コンタクトレンズ眼鏡を使わずともよくなるのです。

は維持にお金がかかるものですし、コンタクトも眼鏡
それなりに値段の張る買い物ですか、を受ければ
視力矯正具は使わなくなります。
また短時間の手術で終わり、痛みをほとんど伴わないのがこの近視レーザー手術の特徴です。
安全性が高く、合併症も心配もほとんどないことも近視レーザー手術です。


正常な視力を永続的に得たい人にとって、近視レーザー手術はとても重要です。


近視レーザー手術には、反対にもあります。
どんな人でも近視レーザー手術を受けることかできるけでもなく、
近視レーザー手術は目の状態や一定の病気の人は受けることができません。
近視レーザー手術は外科的手術ですので万が一失敗することもありえますが、
ただ失明したという症例は一度もないようです。
近視レーザー手術は近視治療の新しい技術なので、施術後に長い時間が経過した時に
視力は維持され続けるのかは実証がなされていません。

もう一つのデメリットは、保険がきかないこともあってかなりの費用がかかることです。
近視レーザー手術にかかる費用は10万円?50万円と様々です。

近視レーザー手術にはさまざまなメリットデメリットがありますので、
よく比較検討して本当に自分にこの手術が必要なのか判断する必要があるでしょう。
スポンサーサイト

テーマ:健康生活! - ジャンル:ライフ

【2008/04/24 20:07】 | 視力回復 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

近視レーザー手術の方法

レーシック手術PRK手術という方法が、近視レーザー手術では用いられています。


では角膜の表面にフラップというフタを作ります。

これにはマイクロケラトームという名の精密な装置を用います。
フラップを開けてから、エマキシレーザーという装置で角膜を削ります。
角膜で光の曲がる角度を調整し、その後フラップを戻して元の状態にします。

入院の必要がないことがレーシック手術の特徴で、痛みを抑えるために点眼麻酔を使用します。
次の日から視力が回復しますので仕事や学校に復帰できます。

の方法であるレーシックでは両目同時に手術することも可能で、
手術時間は片目が10分程度と短いものです。
手術中の痛みもほとんどなく、出血もないことがレーシック手術の特徴といえます。
術後はフラップが完全に固定しておらず、術後は目がしみる感じがして
その後はごろごろする感じが続くかもしれません。

近視レーザー手術の方法であるは、フラップを作成せずに
エキシマレーザーを角膜表面に照射する手術方法です。
視力が安定するまでの所用期間は1週間程度ですが、PRK手術の場合、
手術中に合併症を起こすことが比較的少ない点が特徴的です。

レーシック手術やPRK手術によって、視力は1.0前後にまで回復します。
とはいえ、回復量は元々の近視や乱視の度合いで左右されることが多いようです。

手術を受けるかどうか決める時は、手術を担当する医師とよく相談して
手術を受けるべきか否かを考えましょう。

テーマ:視力回復 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/04/23 20:02】 | 視力回復 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

近視レーザー手術とは

最近多くの有名人や芸能人が受けたことでメジャーになった近視のレーザー手術ですが、
まだまだ目の近視手術には不安がある人も多いと思います。


どういう仕組みでを行っているのでしょう。

医療用レーザーを用いて角膜を削るのが近視レーザー手術です。
薄く安全に削り取るので、目を傷つけることはありません。
視力を回復させるために、角膜から入ってくる光の屈折率を調整し、
角膜の形状を変化させて屈折の異常を正しく直します。


視力そのものを回復させるのがこのですので、
成功すればメガネやコンタクトが必要なくなります。

この手術は、術後ほどなく近視が矯正されたという感覚を実感できます。
多少の投資があるとしても、近視レーザー手術を受けることによって裸
眼で生活できるようになるという点は見逃せないメリットです。


近視レーザー手術は専門の病院で受けることになり、入院の必要はありませんが、
手術後のフォローや保証がしっかりしているところを選ぶことが大切です。

人によっては、近視レーザー手術を受けても角膜が元の状態に戻ることがまれにあります。
近視レーザー手術の情報は雑誌やインターネットにたくさん出回っているので、
事前調査は念入りにしましょう。

現在の近視レーザー手術は安全性も高く、成功率もかなりのものです。
思い切って手術を受けてみることも視力矯正の選択肢のひとつになるのではないでしょうか。

テーマ:視力回復 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/04/22 19:48】 | 視力回復 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

近視レーザー手術とは

近視レーザー手術は最近メジャーになっている近視の手術方法です。

多くの有名人や芸能人が受けていることで知られるようになりました。
とはいっても目の手術にはまだまだ不安がある人も多いでしょう。


近視レーザー手術とは具体的にどのようなものなのでしょうか。

とは医療用レーザーを用いた角膜手術のことです。
目に入ってきた光の屈折率を強制して屈折異常を正常にするのがこの
視力回復のためのレーザー手術の目的です。

そのために角膜を安全に薄く削り取って、角膜形状を変化させるのです。
成功すればメガネやコンタクトが必要なくなります。
視力そのものを回復させるのがこの近視レーザー手術だからです。

また手術の当日から近視レーザー手術での視力の回復を実感できるのが良いところです。
再び裸眼で生活できるようになることを考えると、近視レーザー手術に
多少の投資をしても良いと思う人も多いのではないでしょうか。
手術の際に入院の必要はありませんが、手術後のフォローや保証が
しっかりしているところを選ぶことが近視レーザー手術には大切です。

また近視レーザー手術は専門の病院で受けることになります。
近視レーザー手術をした後に角膜が時間とともに元に戻ってしまうことがあるからです。
今では技術も向上し、成功率もかなり高く安全なのがこの近視レーザー手術です。


視力矯正の選択肢のひとつに、思い切って
近視レーザー手術を受けてみることも考えられるのではないでしょうか。

テーマ:視力回復 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/04/14 19:53】 | 視力回復 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。