スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

青汁三昧のゴーヤー

青汁三昧に含まれる三大原料の中には、ゴーヤーが入っています。

ゴーヤーは沖縄ではよく知られている野菜で、最近ではスーパーなどでも扱われるようになりました。

青汁三昧に用いられているゴーヤーは、苦瓜とも呼ばれるほど苦い味をしています。
このゴーヤーの苦みは血をきれいにして血圧を安定させる効果があると沖縄では古くからいわれていました。
この健康によい野菜はビタミンCやカリウムを多く含んでいるため、青汁三昧にぴったりなのです。

青汁三昧のゴーヤーの果皮にはモモルデシンやチャランチンという成分が入っているために苦みを感じます。
ゴーヤーに含まれているこれらの成分は、血糖値やコレステロールを下げる働きをします。

また、ゴーヤーの果実や種にあたる部分には、人間の体内でガン細胞に対抗できるナチュラルキラー細胞を活性化させる成分も入っています。
このため、ガンの進展を防ぐ効果が期待されています。

青汁三昧は、中国の安徽省合肥他の地域で栽培されたゴーヤーを利用して製造されています。
普通夏に採れる野菜であるゴーヤーを違う季節であっても入手できるように、中国各地でネットワークを組んで栽培しています。
そのようにすることで、青汁三昧を作るために一年を通して品質の高いゴーヤーが入手できるように工夫されています。
スポンサーサイト

テーマ:健康食品 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/05/28 20:28】 | 青汁 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

青汁三昧の大麦若葉

大麦若葉は、青汁三昧に含まれている三大原料の一つです。

読んで字のごとく大麦の若葉のことで、20?30センチまで生育した大麦の若葉を刈り取り、青汁三昧の材料にします。

大麦若葉を原料として青汁を作ることで、味がよく飲みやすい青汁ができることが知られています。
大麦若葉を原料に含んでいることから、青汁三昧は飲みやすいものになっています。

他の緑黄色野菜に比べると、大麦若葉は成長期に収穫することから、いろいろな栄養素(ビタミンやミネラルなど)がバランスよく豊富に含まれます。

大麦若葉のビタミンCはホウレン草の約33倍、カロチンはホウレン草の約7倍といいますから、かなりのものでしょう。

その他にも大麦若葉には、ポリフェノールや食物繊維も豊富に含まれています。

まさに青汁三昧にぴったりの野菜が大麦若葉です。
大麦若葉には抗酸化作用のある酵素も含まれているため、活性酸素の働きを抑える効果があります。
大麦若葉が含まれているので、大気汚染やストレスなどで体内の活性酸素が増加している現代人にとって、青汁三昧は有効な食品であると言えます。

青汁三昧には大麦若葉が含まれていますが、これは中国の甘粛省蘭州で育てられています。
緑肥や堆肥は植物のみの無農薬栽培で育てられた自然野菜です。

テーマ:健康食品 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/05/19 20:55】 | 青汁 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。