スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

ヒアルロン酸とコンドロイチン配合のサプリメント

ヒアルロン酸コンドロイチンが配合された健康食品や美容サプリメントにはどんなものがあるでしょうか。

まず、関節の痛みやひざの曲げ伸ばしが困難な状態の人のためのものです。

サプリメントの中には、ヒアルロンとコンドロイチンの加えてコラーゲンを含むものがあります。
弱ってしまった節々のクッションを蘇らせる働きをする健康食品です。

関節の痛みなどに服用するサプリメントに含まれているものとしては、グルコサミンもヒアルロン酸、コンドロイチンと共に配合されます。
元々体内にある物質で、カニやエビといった甲殻類のキチン質の殻にも多く存在している物質です。

サプリメントの形は様々で、多いものとしては錠剤タイプのサプリメントでしょう。
また、カプセルタイプのサプリメントもあります。

元来、ヒアルロン酸は身体の中で生成されている物質ですが、年をとると共に減っていきます。

天然食材の中では、フカヒレ、魚の目、鶏のトサカといった部位にコンドロイチンやヒアルロン酸は存在しています。
日常の食卓ではなかなか摂ることが難しいものばかりです。

ヒアルロン酸やコンドロイチンを含むサプリメントはますます注目される理由のひとつです。
スポンサーサイト

テーマ:健康食品 サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/05/22 20:07】 | ヒアルロン酸とコンドロイチン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ヒアルロン酸とコンドロイチンとは

ヒアルロン酸コンドロイチンは美容や健康を目的としたサプリメントですが、人の体にはどのような作用があるものなのでしょう。

ムコ多糖類であるコンドロイチンは、ヒアルロン酸と関連があるものです。
コンドロイチンは食物繊維の仲間であり、熱を加えるとゲル化します。
サプリメントに用いられるコンドロイチンは、ヒアルロン酸を原料としています。

コンドロイチンは動植物の体内に広く存在し、主として骨を覆う軟骨などに存在します。
軟骨以外には、骨、靭帯、角膜、脳、血管、皮膚など多くの組織にもコンドロイチンは存在しています。

コンドロイチンと同様、人体のあらゆる箇所に存在している保水成分がヒアルロン酸です。
粘性と保水力が高いヒアルロン酸は体内で保水の必要な部分にあり、間接、皮膚、目の奥の部分などに多く見つけ出されます。

ヒアルロン酸もコンドロイチンも、年齢とともにその濃度は成長とともに減少していきます。
年をとるごとに身体からどんどん失われていき、皮膚の場合は50歳前から少なくなります。

体内の保水性は、ヒアルロン酸やコンドロイチンが相互に作用しあうことで強まっているところもあります
。コンドロイチンやヒアルロン酸を使ったサプリメントはこれからも増加していくでしょう。

テーマ:健康食品 サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/05/13 20:29】 | ヒアルロン酸とコンドロイチン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。