スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

豆乳のクッキーでダイエット

手軽にダイエットに利用できるといういことで、豆乳クッキーは今人気のサプリメントになっています。

豆乳クッキーを利用することでダイエットができることは事実ですが、毎日同じ味のクッキーを飽きることなく食べ続けることは、なかなかむずかしいことでしょう。

オンラインショップで購入できる豆乳クッキーには、さまざまな味のものが販売されているので、あれこれ試してダイエットを長続きさせましょう。

豆乳のクッキーには、アーモンド、レーズン、黒まめ、抹茶、黒ゴマなど、体に嬉しい素材が練りこまれています。
様々な味がある豆乳クッキーは、その販売元によりほかにもいろいろあり、それにはかぼちゃやにんじん、白ゴマにきなこ、そしてゆずなどもあるのです。

ネットショップ限定のユニークな味の豆乳クッキーがあったりもします。市販されている豆乳クッキーは、少々甘みが強い傾向があるようです。

あくまでもダイエットが目的で豆乳クッキーを食べる場合は、甘みが強くないものを選ぶようにしましょう。
ダイエットのために豆乳クッキーを食べる場合は、野菜や穀物が入っていて、それらが甘みを作っているようなものが好ましいでしょう。

カロリーを抑えたい、甘いものを控えようとする人は、こんな自然な甘みの豆乳クッキーであれば安心して食べられます。

豆乳クッキーを食べてダイエットを実現させるためには、できる限り長続きできるように努力することです。
同じ味のクッキーを食べ続けることでダイエットを挫折してしまうことのないように、いろいろな味の豆乳クッキーで変化をつけるようにし、飽きないような工夫をすることが必要でしょう。
スポンサーサイト

テーマ:ダイエット・美容・健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/05/31 18:35】 | 豆乳 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑

豆乳がダイエットにいい理由

身体にいいことだらけの健康食品として人気がある豆乳ですが、人気の秘密はそれだけではありません。

豆乳が含んでいる大豆ペプチドと大豆サポニンは、ダイエットにも効果を発揮するといわれています。

豆乳に含まれている成分である、大豆ペプチドが腸で吸収されると、腸管の神経が刺激されます。
そうすると交感神経が優位になって血流が増えるようになり、基礎代謝が高まります。

基礎代謝とは生命を維持するために必要となる最小のエネルギーで、日本人の成人男性で1日1400キロカロリー、成人女性で1200キロカロリーと言われています。

豆乳を飲むと、この基礎代謝を高めることができ、体質をやせやすいものへと変えることができるので、豆乳がダイエットにいいといわれるのです。

よく太っている人に現れやすい状態で、小腸にあるせんもうという部分が大きくなっていることがあります。
そうすると身体は脂肪や糖質を余分に吸収するようになり、太りやすくなります。

豆乳を飲んで大豆サポニンが摂取されると、そんな太りやすくなった身体が改善されていくのです。
大豆サポニンは小腸の肥大化したせんもうを正常に戻し、余分な脂肪や糖質の吸収スピードを遅らせてくれます。
豆乳には、すい臓から分泌される脂肪消化酵素に働きかけ、腸内で脂肪を抑制するという嬉しい効果もある点は、ダイエットにいい理由のひとつです。

豆乳は健康にいいだけでなく、ダイエット効果も期待できるすぐれものです。

テーマ:健康食品 サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/05/24 21:12】 | 豆乳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

豆乳が人気の理由について

豆乳は、今ヘルシーなドリンクとして大人気ですが、その理由は何でしょうか。

豆乳は大豆から作られていますが、この大豆が様々な栄養素を豊富に含んでいることがまずその秘密です。

豆乳は血中のコレステロールを下げる力を持ち、また含まれる良質のたんぱく質は心臓病の予防をすることができます。
豆乳は、女性ホルモンと同じような力を持ち、更年期障害に聞くといわれている大豆イソフラボンを含んでいます。
また豆乳は便秘解消効果のある大豆オリゴ糖、脂肪の蓄積を防ぐ大豆サポニンなど、とくに女性にオススメの嬉しい健康成分が凝縮されているすぐれたサプリメントなのです。

豆乳とは豆腐になる前の乳状の液体をいいますが、これは豆乳飲料、調整豆乳、そして無調整豆乳があります。
大豆固形分が8%以上含まれるのが無調整豆乳と呼ばれ、味付けはありませんが、豆乳の中で最も濃いものです。

調整豆乳は糖分や塩分が加えられており、大豆固形分が6%以上となっています。
フルーツ味やコーヒー味に仕上げられているのが豆乳飲料で、豆乳が苦手な人にも受け入れられやすくなっています。
豆乳には独特なにおいが少しありますが、これが苦手な人でも豆乳飲料であれば飲みやすいでしょう。

無調整豆乳、調製豆乳、豆乳飲料のなかでもっとも栄養素が豊富に含まれているのが、無調整豆乳です。
コップ1杯の無調整豆乳で、1日に必要な大豆イソフラボンが摂取できるのです。

テーマ:健康食品 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/05/15 20:42】 | 豆乳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。