スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

ベータグルカンのガン治療での有益性

がん治療において、ベータグルカンは有益性があるものだといわれています。

だけでガンが治った例はかなり少数のようです。
ほとんどの人がベータグルカンの摂取を始めるときに既に
を病院で長く続けている人たちです。

この場合相当免疫システムが弱っていることが推測されます。
ベータグルカンの投与をがん治療によってが弱りきっているところにしても、
正常な状態にはなかなか戻れないのです。
けれどそんな人でもベータグルカンを飲む意味がないわけではないのです。
飲み始める時期が遅くても、既に回復できないほど免疫システムが弱っている人でも大丈夫です。

ベータグルカンの有益性は、ガン細胞を積極的に減らすだけでなく
進行ガンの腫瘍を抑制し延命効果がある点です。

味覚異常や、下痢・嘔吐などの副作用が、抗がん剤化学療法にはあります。
骨髄の血液細胞や消化管粘膜細胞を弱めてしまうのが抗がん剤で、
がん細胞を攻撃するだけではないのです。

ベータグルカンで刺激をしていれば、抗ガン剤によってリンパ球や好中球などの
一部が死滅しても、残った細胞が仲間の細胞を増殖させる効果があるのです。

ベータグルカンは、ガンの化学療法の副作用で痛めやすい部分を強化、保護してくれます。
それがベータグルカンの有益性なのです。

ベータグルカンの有益性は、ベータグルカンを使うことで、ガン化学療法の副作用を抑え、
長く治療を続けることができる点です。
スポンサーサイト

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/04/18 19:20】 | ベータグルカン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ベータグルカンの効能

ベータグルカンの効能の中でも抗がん効果は最もよく知られているもののひとつです。

体の状態を正常にする効果を生体恒常効果(ホメオスタシス)といいます。

ベータグルカンはこの効果が期待できるだけではありません。
体の中に入った細菌やウイルスを消化するマクロファージを活性化する機能があります。
結果的にがん細胞の増殖を抑えたり消し去ったりすることがベータグルカンには期待されます。
そして再発防止や転移予防という効能もあるのです。

ガンにベータグルカンが直接働いて、ガン細胞を小さくしてくれるのではありません。
その特徴としては、体の免疫力を高めることによって、間接的にガンを小さくする効能があるのです。

近年はがん治療だけではなく、ベータグルカンはアレルギー疾患
アトピー性皮膚炎などにも効能の応用性が研究されており、効果をあげているそうです。
は、免疫反応が敏感すぎることによって起ります。
そしてガンは免疫力が低下することで発生します。

など、キノコから抽出される多糖類にはこのような
過剰な免疫反応を抑えて正常化させます。

アトピー性皮膚炎やアレルギー反応を改善することがベータグルカンには期待できます。
ベータグルカンを含むキノコ類には体調のリズムを整える効能があります。

疫病の回復力を高める効能、そして成人病を予防する効能などもあることが
多くの研究者によって公表されています。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/04/17 20:15】 | ベータグルカン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ベータグルカンは健康に役立つ成分

健康維持に役立つ成分として話題なのがベータグルガンです。

はアメリカや世界の大学、研究機関で色々な発表がされており、
今もなお研究が続けられている健康成分です。

身体の抵抗力を強くし、生まれつき持っている免疫力を高める働きがあるのが、
このベータグルガンという成分であると考えられています。
免疫力を高めることによって、ガンを治療したり予防したりするという方法が注目されています。

ブドウ糖が多数結合した物質の総称をベータグルガンのグルガンといい、
アルファ型とベータ型があります。

に役立つのはベータ型で、これがベータグルカンと呼ばれていて、
グリコプロテインともいいます。

健康維持に役立つものとされているのは、ベータグルガンの中でも
ベータ1.3Dグルガンというものです。
実はベータグルガンは結合のパターンによって更に細分化されているのです。

ちなみにベータ1.4-グルカンはセルロースといい、これは紙の材料になります。
ただ単にベータグルガンと呼ばれるときは、ベータ1.3Dグルカンのことを指します。

主にベータグルガンは、舞茸、椎茸、ハナビラタケ、
霊芝、アガリスクなどのキノコ類に含まれています。
またパン酵母の細胞壁にも含まれるようです。


昔から抗がん作用がキノコ類にはあることが経験的言われてきました。
近年の研究によって、それはこのベータグルガンの存在によるものである
ということが判明されたのです。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/04/16 20:04】 | ベータグルカン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。