スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

ベータグルカンは健康に役立つ成分

健康維持に役立つ成分として話題なのがベータグルガンです。

はアメリカや世界の大学、研究機関で色々な発表がされており、
今もなお研究が続けられている健康成分です。

身体の抵抗力を強くし、生まれつき持っている免疫力を高める働きがあるのが、
このベータグルガンという成分であると考えられています。
免疫力を高めることによって、ガンを治療したり予防したりするという方法が注目されています。

ブドウ糖が多数結合した物質の総称をベータグルガンのグルガンといい、
アルファ型とベータ型があります。

に役立つのはベータ型で、これがベータグルカンと呼ばれていて、
グリコプロテインともいいます。

健康維持に役立つものとされているのは、ベータグルガンの中でも
ベータ1.3Dグルガンというものです。
実はベータグルガンは結合のパターンによって更に細分化されているのです。

ちなみにベータ1.4-グルカンはセルロースといい、これは紙の材料になります。
ただ単にベータグルガンと呼ばれるときは、ベータ1.3Dグルカンのことを指します。

主にベータグルガンは、舞茸、椎茸、ハナビラタケ、
霊芝、アガリスクなどのキノコ類に含まれています。
またパン酵母の細胞壁にも含まれるようです。


昔から抗がん作用がキノコ類にはあることが経験的言われてきました。
近年の研究によって、それはこのベータグルガンの存在によるものである
ということが判明されたのです。
スポンサーサイト

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/04/16 20:04】 | ベータグルカン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ベータグルカンの効能 | ホーム | 近視レーザー手術の方法>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kenkode.blog120.fc2.com/tb.php/12-cadca1c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。