スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

ベータグルカンの効能

ベータグルカンの効能の中でも抗がん効果は最もよく知られているもののひとつです。

体の状態を正常にする効果を生体恒常効果(ホメオスタシス)といいます。

ベータグルカンはこの効果が期待できるだけではありません。
体の中に入った細菌やウイルスを消化するマクロファージを活性化する機能があります。
結果的にがん細胞の増殖を抑えたり消し去ったりすることがベータグルカンには期待されます。
そして再発防止や転移予防という効能もあるのです。

ガンにベータグルカンが直接働いて、ガン細胞を小さくしてくれるのではありません。
その特徴としては、体の免疫力を高めることによって、間接的にガンを小さくする効能があるのです。

近年はがん治療だけではなく、ベータグルカンはアレルギー疾患
アトピー性皮膚炎などにも効能の応用性が研究されており、効果をあげているそうです。
は、免疫反応が敏感すぎることによって起ります。
そしてガンは免疫力が低下することで発生します。

など、キノコから抽出される多糖類にはこのような
過剰な免疫反応を抑えて正常化させます。

アトピー性皮膚炎やアレルギー反応を改善することがベータグルカンには期待できます。
ベータグルカンを含むキノコ類には体調のリズムを整える効能があります。

疫病の回復力を高める効能、そして成人病を予防する効能などもあることが
多くの研究者によって公表されています。
スポンサーサイト

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/04/17 20:15】 | ベータグルカン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ベータグルカンのガン治療での有益性 | ホーム | ベータグルカンは健康に役立つ成分>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kenkode.blog120.fc2.com/tb.php/13-6afbd332
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。