スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

ベータグルカンのガン治療での有益性

がん治療において、ベータグルカンは有益性があるものだといわれています。

だけでガンが治った例はかなり少数のようです。
ほとんどの人がベータグルカンの摂取を始めるときに既に
を病院で長く続けている人たちです。

この場合相当免疫システムが弱っていることが推測されます。
ベータグルカンの投与をがん治療によってが弱りきっているところにしても、
正常な状態にはなかなか戻れないのです。
けれどそんな人でもベータグルカンを飲む意味がないわけではないのです。
飲み始める時期が遅くても、既に回復できないほど免疫システムが弱っている人でも大丈夫です。

ベータグルカンの有益性は、ガン細胞を積極的に減らすだけでなく
進行ガンの腫瘍を抑制し延命効果がある点です。

味覚異常や、下痢・嘔吐などの副作用が、抗がん剤化学療法にはあります。
骨髄の血液細胞や消化管粘膜細胞を弱めてしまうのが抗がん剤で、
がん細胞を攻撃するだけではないのです。

ベータグルカンで刺激をしていれば、抗ガン剤によってリンパ球や好中球などの
一部が死滅しても、残った細胞が仲間の細胞を増殖させる効果があるのです。

ベータグルカンは、ガンの化学療法の副作用で痛めやすい部分を強化、保護してくれます。
それがベータグルカンの有益性なのです。

ベータグルカンの有益性は、ベータグルカンを使うことで、ガン化学療法の副作用を抑え、
長く治療を続けることができる点です。
スポンサーサイト

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/04/18 19:20】 | ベータグルカン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<大豆クッキーはおからと豆乳から作られる | ホーム | ベータグルカンの効能>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kenkode.blog120.fc2.com/tb.php/14-152e5e5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。