スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

青汁三昧のケール

青汁三昧に含まれる三大原料の一つケールは、青汁三昧以外にも色々な青汁に使われているベースとなる野菜です。

日本ではハゴロモカンランと呼ばれるアブラナ科の野菜で、キャベツのもととなる植物であるとも言われます。

青汁三昧の原料の1つケールが地中海からはじめて日本にきたのは江戸時代で、明治の頃に数品種のケールが導入されました。

日々の食生活においてはあまりなじみのないケールですが、普通に料理したとしてもあまりおいしいとは言えません。
このためか、八百屋やスーパーマーケットでは取り扱っていないのが普通です。

しかしながら、青汁三昧の材料となっているケールには、ビタミンAとCがたくさん含まれています。
それだけでなく、ビタミンの含有が多い緑黄色野菜に分類されます。
従って、青汁三昧は普段不足しがちになる栄養素を効率よく補うことができます。

また、抵抗力をつけ免疫を高めるためにも有効であると言えます。
青汁三昧の材料に使われているケールは、中国の雲南省昆明において広々と作付けされています。
青汁三昧に使われているケールは、雲南省の気候が年間を通じて温暖であることや、畑の周辺から出る天然の湧き水、ミネラルが多い土などのため、美味しいものとなっています。

この青汁三昧の原料となるケールについては、雑草や害虫の除去は手作業で行われていて、肥料も有機肥料を施されています。
スポンサーサイト

テーマ:健康食品 サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/05/10 20:10】 | 青汁 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<コエンザイムQ10とは | ホーム | コンドロイチンが不足すると>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kenkode.blog120.fc2.com/tb.php/24-341802bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。