スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

関節痛や神経痛にはコンドロイチンを

コンドロイチン摂取のための方法として、サプリメントを利用するというやり方があります。

通信販売や薬局でコンドロイチンのサプリメントを購入することができ、おおよそ一瓶8,000円ほどになります。

コンドロイチンのサプリメントは、関節痛、神経痛や五十肩、腰痛に良いとされています。
コンドロイチンは、骨と骨の間で緩衝材のような形で働くため、関節部をなめらかに動かすことで、関節痛のつらい痛みを緩和するのに効果があるとされます。

神経痛は、関節を覆っている膜のような部分が傷つき、それによって神経が刺激されることで生じていますが、この膜状組織が傷ついた場合にコンドロイチンが働くことで修復を促進することができるとされます。

五十肩の原因は、肩の関節部の周りが炎症を起こすことです。
コンドロイチンは肩関節がもっている外力への抵抗力を保ち、変性を防ぐことで、肩関節周辺の炎症を抑えてくれます。

腰痛にもコンドロイチンの摂取は効果がありますが、これは椎間板に水分が補給されることで、腰痛の原因の一つとなっている椎間板の柔軟性の喪失や、椎間板の骨化を防止する効果があるためです。

神経や関節のつらい痛みに良いとされるコンドロイチンですが、大切なのは続けて飲むということのようです。

年齢を重ねると、体内のコンドロイチンの量は減っていき、不足しがちになります。
一方で、コンドロイチンは体の内部で作り出すことが難しい成分です。
このため、このようなサプリメントなどで、コンドロイチンをコンスタントに補うことが大切です。
スポンサーサイト

テーマ:アンチエイジング・若返り・シミ・シワ・たるみ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/05/18 21:52】 | コンドロイチン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<青汁三昧の大麦若葉 | ホーム | 甜茶の特徴と効能>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kenkode.blog120.fc2.com/tb.php/32-1d7db3ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。