スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

コエンザイムQ10の特徴

体内でも生成されているコエンザイムQ10は、細胞のあちこちに存在します。

特に心臓組織には他の臓器と比較して、より多くのコエンザイムQ10が含まれています。

コエンザイムQ10が欠乏すると最初に心臓に影響が出やすいとされます。
身体の細胞の隅々にまで存在するコエンザイムQ10は、免疫力をアップにも関わっています。
身体が求めているエネルギーの生産に関わり、元気の源となるものがコエンザイムQ10です。
細胞の働きを活発化させる機能も持ち合わせています。

また、コエンザイムQ10の働きで有名なものが抗酸化力です。
活性酸素の攻撃を防ぎ、身体を酸化から守って生活習慣病などを予防します。

元々は、コエンザイムQ10は脂溶性の成分です。
サプリメントへの主な加工方法は、油に溶かしソフトカプセルにするものです。
とはいえ、カプセルを飲むことは苦手だという人もいます。
アスティ社のコエンザイムQ10ドリンクexなどは、カプセルが得意でない人でも飲める液体状です。

飲むという形でコエンザイムQ10を摂取できるようになり、サプリメントを持ち歩きたくない方やカプセルが不得手な方にも受け入れやすくなりました。
スポンサーサイト

テーマ:健康食品 サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/05/20 21:57】 | コエンザイムQ10 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<豊胸サプリメントの成分 | ホーム | 青汁三昧の大麦若葉>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kenkode.blog120.fc2.com/tb.php/34-5b2be4ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。